薄毛の治療で見た目も心も若々しく

飲む育毛剤の活用

飲む育毛剤の誕生と歴史

薄毛といえば高齢の男性がなるものというイメージがありますが、今は若い人でも薄毛に悩んでいる人が多いそうです。また、女性でも薄毛や抜け毛の症状で悩んでいる人が増えています。 薄毛に悩んでいる人がまず取り組むのが育毛剤を使ったケアだと思いますが、いまは薄毛治療の特効薬である飲む育毛剤「プロペシア」があります。プロペシアは2005年に厚生労働省の認可が下りたことにより、急激に普及しました。 プロペシアはもともと男性の前立腺肥大の治療薬「フィナステリド」として販売されていました。そのフィナステリドに薄毛改善効果があるという事が分かり、新たに薄毛の特効薬としての開発が進み1997年にプロペシアとして誕生しました。

これからのAGA治療

プロペシアは販売と同時にその効果の高さから瞬く間に世界中に広がりました。今では世界60か国以上の国でプロペシアが認可されているそうです。プロペシアは男性ホルモンを抑制する働きがあるため、男性ホルモンが原因となって起こる男性型脱毛症の改善に優れた効き目があります。 今後の薄毛治療に関してですが、人工多能性幹細胞ips細胞で毛乳頭を作り出し、それを頭皮に移植して発毛を促すという実験が成功しています。まだ実験の段階ですが、実用化されれば、死んでしまった毛母細胞を蘇らせて、髪の毛を増やすことが可能です。科学の進化により、これからはどんなに薄毛の人でもかつらや増毛をしなくても髪の毛が増やせる時代になってくると思います。